日経BPパスポート/統合認証システムについて

よくある質問とお問い合わせ先

日経BPパスポートとは

「日経BPパスポート」は、日経BP社が提供する会員制インターネットサービスです。日経BP社の個人情報保護方針に基づいて会員情報をお預かりし、(1)メールマガジン配信サービス、(2)会員制Webサービス、(3)雑誌/ニューズレター購読者限定サービス、(4)有料サービスの4種のサービスカテゴリで60種以上のサービスをご利用いただけます。詳しくは「日経BPパスポート総合案内」をご覧ください。

日経BPパスポート/統合認証システムとは

「日経BPパスポート/統合認証システム」(以下、「統合認証システム」)は、日経BPパスポートでご利用いただける主要なサービスのユーザー認証(ログイン/ログアウト)を一括して処理する「シングルサインオンシステム」です。一回のログイン操作のみで、統合認証システムに対応した複数のサービスにログインできます。ただし、会員登録をしていないサービス/サイトへのユーザー認証は実行されません。

自動ログイン機能について

統合認証システムで一度ログイン操作をすると、ログインした状態をそのまま約30日間保持する「自動ログイン」機能が働きます。ブラウザやPCを再起動した場合でも、約30日間は再度のログイン操作をすることなく、会員制サービス/サイトをご利用いただけます(一部の有料サービスについては、約60分で再ログイン操作が必要になります)。

自動ログイン機能を止めたい場合は、下記のリンクにある「パスワード変更/自動ログイン設定」画面から自動ログインの設定を「自動ログインしない」に変更してください。
パスワード変更/自動ログイン設定画面(新しいウィンドウが開きます)

対応環境

統合認証システムは下記の環境で動作を確認しています。

  • Windows:Internet Explorer6/7/8/9、Mozilla Firefox
  • iPhone/iPad(iOS5、iOS6): Safari

OS、ブラウザはそれぞれ最新の状態でお使いください。また、ブラウザは「JavaScriptを実行可能」かつ「クッキーを保存可能」な設定でご利用ください。

クッキーを保存する設定の例

Safari(iPhone)
ホーム画面の「設定」→「Safari」の「Cookieを受け入れる」の項を、「訪問先のみ」または「常に」に設定する。
Mozilla Firefox
「ツール」メニューの「オプション」→「プライバシー」の「サイトから送られてきたCookieを保存する」にチェックを入れる。
Internet Explorer 6/7/8
「ツール」メニューの「インターネットオプション」→「プライバシー」の設定を「中−高」「中」「低」「すべてのクッキーを受け入れる」のいずれかに設定し、かつ、「詳細設定」の「自動Cookie処理を上書きする」のチェックを外す。
Internet Explorer 9
「ツール」メニュー(ウィンドウ右上方の歯車のアイコンで開きます)の「インターネットオプション」→「プライバシー」の設定を「中−高」「中」「低」「すべてのクッキーを受け入れる」のいずれかに設定し、かつ、「詳細設定」の「自動Cookie処理を上書きする」のチェックを外す。

※企業内ネットワークなど、ネットワークのセキュリティ/プライバシー・ポリシーによっては、上記の設定ができなくなっている場合や、設定が有効に機能しない場合があります。詳しくは接続しているネットワークの管理者にご相談ください。


よくある質問/お問い合わせ先

ログインしようとすると「セッションタイムアウトエラー」が出てしまう
統合認証システムは、ログイン状態の保持などのためにブラウザの「クッキー」と呼ぶ仕組みを用いています。ブラウザがクッキーを保存しない設定で動作していると、ごく短い時間内の操作であってもセッションタイムアウトエラーとなり、ご利用になれません。nikkeibp.co.jpドメインのクッキーをブラウザが保存できるように設定してご利用ください。
対応ブラウザでの設定例を「対応環境」の項で紹介しています。
ログアウトしていないのに改めてログイン操作を求められた
統合認証システムに対応していないサービス/サイトについては、自動ログインの有効期間中も個別にログイン/ログアウト操作が必要となります。
パスワードの変更、自動ログイン機能の設定、登録情報の更新処理、退会処理、一部の有料コンテンツへのアクセスについては、自動ログインの有効期間を約60分に設定しており、他のコンテンツへのアクセスよりも短い期間でログイン操作をしていただく必要があります。
自動ログインする設定なのに毎回ログイン操作を求められる
統合認証システムの自動ログイン機能は、ブラウザの「クッキー」と呼ぶ仕組みを用いて、お使いのコンピュータ上にログイン済みであることを記録しています。ブラウザのセキュリティ設定によってクッキーを保存できない場合や、セキュリティ・ソフトがクッキーを自動的に削除してしまう場合があります。そのような場合には自動ログイン機能が働かず、ブラウザやコンピュータを再起動するごとにログイン操作が必要になります。
パスワードの変更、自動ログイン機能の設定、登録情報の更新処理、退会処理、一部の有料コンテンツへのアクセスについては、自動ログインの有効期間を約60分に設定しており、他のコンテンツへのアクセスよりも短い期間でログイン操作をしていただく必要があります。
「ログイン成功、会員資格なし」とは?
日経BPパスポートのユーザーが、まだ会員登録をしていないサービス/サイトのログイン画面でログインしたときに表示されます。各サービス/サイトごとに所定の登録手続きを行うことでご利用いただけるようになります。
※お使いの日経BPパスポートに登録されているサービスはこちらでご覧いただけます。
サービスを退会したい
サービス/サイトの退会画面で退会手続きを行うことで、個別のサービス/サイトごとに登録を解除していただけます。
※メールマガジンについては、退会処理完了前に配信予約された分が退会処理完了後に配信されることがあります。
日経BPパスポートのアカウント情報も含めてすべての登録を削除するにはこちらから退会手続きを行ってください。
購読者番号を知りたい
こちらからお問い合わせください。
ユーザーID、パスワードを調べたい
こちらからお問い合わせください。
どのサービスに登録しているかを知りたい
こちらでご覧いただけます。
その他のお問い合わせ
こちらのフォームをご利用ください。